【2.9竪川弾圧裁判・全員排除問題】東京高裁への公開質問状です

高裁警備写真高裁への怒りの抗議

私たちは、13年11月19日の東京高裁の前代未聞な「全員立ち入り禁止での有罪判決」を許しません。そこで、以下の公開質問状を高裁に送りました。高裁の回答結果は2月8日の救援会のラスト集会で報告します。ぜひ質問状を転送・転載して頂き、高裁にきちんと回答するようプレッシャーをかけてください。
東京高裁:東京都千代田区霞ヶ関1-1-4 電話:03-3581-5411 ファックス:03-3503-3997
そしてラスト集会にご参加ください!

「2012.2.9→2014.2.8 
竪川弾圧裁判終了、ラスト集会~東京高裁を問い直すとともに、支援してくれた人々へのお礼をこめて~」

2014年2月8日(土)18時開場、18時15分開始
亀戸文化センター・5階第2研修室(JR亀戸駅北口出て左折)
地図:http://www.kcf.or.jp/kameido/kameido_map.html

★当日は14時から竪川河川敷公園の現地で「竪川カフェ」も行われます。こちらもぜひご参加ください!

==================================

東京高等裁判所長官 山﨑敏充殿
東京高等裁判所刑事5部 八木正一殿

2014年1月14日
2.9竪川弾圧救援会
東京都台東区日本堤1-25-11
電話・FAX:03-3876-7073

公開質問状

私たちは2013年11月19日に東京高裁で開催された、12年2月9日の江東区役所での逮捕・起訴事件(以下「2.9竪川弾圧」)の判決のために裁判所に入ろうとしました。しかし大量の裁判所職員が入口をふさぎ、被告人の園良太さんも約60人もの傍聴者も最後まで中に入れませんでした。その結果、判決は被告人も多くの傍聴者も不在のまま下されたのです。

高裁は「yes!抗議 no!排除」という特定のTシャツを着ている事を理由に挙げました。その根拠は庁舎管理規則の第11条「プラカード、ゼッケン、その他これに類するものの持ち込みは禁じることができる」に当てはまるから、としか言いません。私たちも庁舎管理規則を開示させましたが、Tシャツの文字は「○○反対」「○○裁判無罪」といった具体的な内容ではありません。何ら審議や「法廷秩序」が妨害されるものではありません。これを「その他」で排除できるならば、裁判所は気に食わない者は誰でも何でも排除できるようになってしまいます。それは許されません。

同じTシャツは園さんが12年7月の「麻生邸リアリティツアー国賠訴訟」でも着用して入廷しています。9月の「2.9竪川弾圧」裁判でも同じデザインの色違いのTシャツで入廷しています。しかし東京高裁職員は12年10月の裁判から、突然園さんに「着ているTシャツを脱がなければ庁舎に入れない」と裁判所入口を封鎖し、庁舎内でも執拗につきまとうようになりました。地裁・高裁はなぜ突然対応を変えたのか、説明も全くありません。

こうした強権的な排除はどんどんエスカレートし、13年10月3日の控訴審第1回では証人と証拠をすべて却下し、発言して法廷から退廷させられた園さんを人目につかない裏口から裁判所外へ叩き出し、立ち入り禁止にしました。その際何と警察官も法廷に突入しようとした事が確認されました。これらの暴力は全て東京高裁の事務局長命令、組織決定で行われています。これでは裁判内容ではなくあらかじめ組織決定で有罪判決が決められているようなものです。

私たちは、このような強権的な訴訟指揮と裁判所からの排除を二度と繰り返させず、謝罪・撤回することを求めて、以下の質問への回答を求めます。

1.11月19日に被告人と多数の傍聴者を排除した事は庁舎管理規則の濫用と考えるが、排除の根拠と正当性は何か。
2.庁舎管理規則を組織外部の市民に対して強制できる根拠は何か。またどこまでの範囲でその強制が認められるのか。憲法で保証された表現の自由よりも、庁舎管理規則が優先されるのか。
3.12年9月までは入廷できたTシャツが、なぜ12年10月から突然禁止になったのか。
4.被告人と多数の傍聴者を排除して下した判決は正当か。またその根拠はどこにあるのか。

1月27日(月)までに、回答を上記の住所へ郵送またはFAXでお送り下さい。
この質問状と回答は救援会のブログhttps://solfeb9.wordpress.com/と、2月8日18時から亀戸文化センター5階で開催する救援会の集会で公表します。

広告

solfeb9 について

【カンパ振込先】 ゆうちょ銀行 振替口座 00120‐7-362640 口座名称:坂本 健(サカモト ケン) ※ 通信欄に「2.9竪川」とご記入ください 他銀行からの振込の場合: 019(ゼロイチキュウ)店 当座 0362640 ※銀行振込の場合、振替用紙のように通信欄がないためメッセージが添付できません。メールアドレス:solfeb9(アットマーク)gmail.com の方へ入金次第を連絡していただければと思います。
カテゴリー: info パーマリンク