事件当日からのAさんの情況(2月14日まで)

Aさんの2月9日事件当日から現在にいたるまでの情況を時系列でまとめました。

*2月14日付でAさんは保護室から一般独居房に移されました(Aさん、おめでとう)。
しかし、だからといって、これまで原宿署がAさんに講じた不当な処遇が消えることはありません。

今後もAさんの情況が分かり次第、順次報告していきます。
ご注目のほど、よろしくお願いします。

………………………………………………………………………………………………………………
2.9(木)
江東区との交渉中、区職員がAさんに「ちょっとでも体が職員に当たると逮捕だぞ」などと威圧、恫喝を繰り返す。
逮捕前から、職員はAさんを羽交い絞めにするという暴行をはたらく。

17:00
器物損壊容疑で準現行犯逮捕。

17:10~20:00
深川署に連行。
後、深川署の公安刑事による取調べ(担当:イノウエ)。

………………………………………………………………………………………………………………
2.10(金)
1:00
原宿署(原宿分室)に移送。
Aさんが伝え聞いた移送理由:
1、部屋が定員一杯だった。
2、重い病気にかかっている人がいて、深川署は狭いので、部屋がなかった。
3、原宿署は150人ほど収容できる。

1:45
原宿署到着―身体検査.。
身体検査時に、宙釣りにされ、靴と靴下を脱がされたことに抗議したところ、即、「保護房行きだ」と告げられ、髪をわし掴みにされ、手錠をかけられる。
検査時に、「やっちゃうぞ、この野郎」という暴言を受ける。

翌朝
7、8人の警察官が保護室に押し入る。
警官はAさんの衣服を根こそぎ脱がし、パンツ一枚にさせ、金属探知機で全身を検査し、パンツの中も検査する。

保護室の環境 :
1、枕と布団がない。
2、トイレがむき出し(この環境下から、排泄行為を看守が現認することができる)。
3、24時間蛍光灯が点灯(一般房は薄暗い明かりだが、保護室は就寝にかなりの支障をきたす明るさ、よって就寝できない(Aさん談))。

原宿署がAさんに講じた処遇 :
1、洗面・歯磨き・入浴、毎朝の体操の禁止。
2、箸を与えず、手づかみでの食事を強要。
3、朝食時の味噌汁、昼・夕食時の白湯が与えられない。
4、床が堅い(一般房では床の上にカーペットが敷かれているが、保護室はカーペットがなく、体を床に横たわると頭部は痛み、蛍光灯同様に就寝に支障をきたす)。
5、外部(弁護士)からのボールペン・本の差入れを不許可扱いとする。
6、衣類を枕がわりに使う/明かりを避けるため、衣類をアイマスク替わりに使うも、看守が見つけ次第、取り上げる。

取り調べはなし。

………………………………………………………………………………………………………………
2.11(土)

「地検送致。公安検事が取調べののち勾留を請求したため、Aさんは身柄を地裁に移され、裁判官が勾留質問を行ったうえで請求を認容した(満期10日間)。」

………………………………………………………………………………………………………………
2.12(日)
14:00
深川署の公安刑事イノウエによる取調べを拒否。
保護室からの移動を拒否。
房を隔て、深川署の公安刑事カメイが押収品目録を読みあげる。

………………………………………………………………………………………………………………
2.13(月)
午前中、靴下の着用禁止の処遇。以降は裸足。

14:00
深川署の公安刑事による取調べを拒否。
保護室からの移動を拒否。

24:00
担当弁護士がAさんの留置環境に関して抗議文を原宿署に提出。

………………………………………………………………………………………………………………
2.14(火)
10:45
保護房から一般独居房に移される。

14:30~15:00
深川署の公安刑事イノウエ、サイトウによる取調べ。
【取調べ内容】
「住所、氏名は?」
「やったことを反省しているか?」
「家族構成、職業は?」
「当日の役割分担は?」
「支援者、野宿者たちとどのように連絡をとって、現地に向かったのか教えてくれ?」
「最後にもう一度聞く、反省しているか?」

Aさん、完全黙秘。
「やる気は感じられなかった、あっという間に終わった感じ(Aさん談)」

広告

solfeb9 について

【カンパ振込先】 ゆうちょ銀行 振替口座 00120‐7-362640 口座名称:坂本 健(サカモト ケン) ※ 通信欄に「2.9竪川」とご記入ください 他銀行からの振込の場合: 019(ゼロイチキュウ)店 当座 0362640 ※銀行振込の場合、振替用紙のように通信欄がないためメッセージが添付できません。メールアドレス:solfeb9(アットマーク)gmail.com の方へ入金次第を連絡していただければと思います。
カテゴリー: A パーマリンク